新刊

奪われた野にも春は来るか

鄭周河(チョンジュハ) 写真展の記録

あの3・11原発事故から、4年余り。罪深い忘却の気配は色濃い。 土地を奪われた福島を韓国人写真家が撮りいま問いかける

著者 徐 京植 編著
高橋 哲哉 編著
鄭周河 写真
ジャンル 社会
社会 > 原発
出版年月日 2015/07/28
ISBN 9784874985755
判型・ページ数 4-6・368ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり

本書は韓国の写真家鄭周河(チョン・ジュハ)による「奪われた野にも春は来るか」と題された写真展で展開されたトークセッションの記録です。


 2011年11月から2012年3月にわたり福島を訪れた鄭周河が写し取ったのは、生々しい被災の様子ではなく、原発事故による放射能汚染にもかかわらず美しい自然や風景でした。

写真展は2012年3月から2014年7月の間に、福島、埼玉、東京、沖縄、長野、京都の6カ所を巡回。各会場では、計7回におよぶトークセッションが持たれ、「韓国、在日朝鮮、沖縄といった歴史的に深い関係を持つ『他者』からの問いにさらされながら」(高橋哲哉)パネリストと来場者が議論を重ねました。


 「奪われた野にも春は来るか」は、日本統治下の朝鮮半島で植民地支配により「野を奪われた」ことをうたった韓国では有名な詩のタイトルであり、植民地支配による被害と原発事故による被害を重ねることについての議論が繰り返され、沖縄ではさらに厳しく「苦痛の連帯」の可能性、困難さが問われました。


 また、タイトルの朝鮮の詩だけでなく、南相馬市小高区の高校教諭で詩人の齋藤貢、プリーモ・レーヴィの詩が紹介されるほか、鄭の作品を受けて河津聖恵が詩を創作するなど、放射能汚染という見えない被害を表現することにおいて、写真という視覚的な表現にとどまらず芸術の可能性、果たし得る役割についても、重層的に議論されました。


 「奪われた野にも春は来るか」という問いかけとともに示された鄭周河の美しくも静かな作品。それによって引き出された市民による真摯な議論の全記録。

 

2015年9月20日 北海道新聞 書評

 1 福島 写真の美しさが語るもの
 2 埼玉 自分の弱さを受容すること
 3 東京 芸術の力とは何か
 4 沖縄 「苦痛の連帯」の可能性
 5 長野 芸術の力とその役割をめぐって
 6-1 京都 「想像上の境界線」を乗り越える
 6-2 京都 植民地主義という視点




高橋哲哉
1956年福島に生まれる。東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業。現在、東京大学大学院総合文化研究科(教養学部)教授。著書に『デリダ――脱構築』『戦後責任論』(以上講談社)『歴史/修正主義』(岩波書店)『「心」と戦争』(晶文社)『証言のポリティクス』(未來社)『教育と国家』(講談社現代新書)『靖国問題』(ちくま新書)『犠牲のシステム福島・沖縄』(集英社新書)『原発の「犠牲」を誰が決めるのか』(クレヨンハウス)など多数。共著に『断絶の世紀証言の時代――戦争の記憶をめぐる対話』(共著:徐京植、岩波書店)『グローバリゼーションと戦争責任』『新私たちはどのような時代に生きているのか――1999から2003へ』(以上岩波書店)『平和と平等をあきらめない』(晶文社)『3・11以降とキリスト教』(ぷねうま舎)ほか多数



徐京植
1951年京都市に生まれる。早稲田大学第一文学部(フランス文学専攻)卒業。現在、東京経済大学現代法学部教授。著書に『私の西洋美術巡礼』『汝の目を信じよ!─統一ドイツ美術紀行』(以上、みすず書房)『子どもの涙―ある在日朝鮮人の読書遍歴』(柏書房、小学館文庫)『新しい普遍性へ―徐京植対話集』『半難民の位置から―戦後責任論争と在日朝鮮人』『秤にかけてはならない―日朝問題を考える座標軸』(以上、影書房)『プリーモ・レーヴィへの旅』(朝日新聞社、晃洋書房)『夜の時代に語るべきこと―ソウル発「深夜通信」』『フクシマを歩いて―ディアスポラの眼』(以上、毎日新聞社)『中学生の質問箱 在日朝鮮人ってどんなひと?』(平凡社)など、共著書に『断絶の世紀証言の時代―戦争の記憶をめぐる対話』(岩波書店)などがある。

SHOPPING ご注文

2,500円+税

カートに入れる

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高文研ツイッター

  • 日本ミツバチ巣箱

  • 山田泉公式ブログ/どげしよっかえ? 豊後の山ちゃんワイワイ日記

  • 紀伊國屋書店BookWebPro

  • 平和の棚の会

  • アジアの本の会

  • おきなわ百話

お知らせ

もっと見る

NEWS

平和・協同ジャーナリスト基金賞 審査員賞受賞! - 2017.12.02

重版

【増刷】祖父・父・夫がギャンブル依存症! 三代目ギャン妻の物語 第2刷! - 2017.11.28

NEWS

伊波義安氏「第29回多田謡子 反権力人権賞」 - 2017.11.17

正誤

正誤表 『日中戦争全史 上下巻』  - 2017.11.14

重版

【増刷】中学生を担任するということ 第2刷! - 2017.11.06

重版

【増刷】“遊び心”で明るい学級学級担任10のわざ 第3刷! - 2017.10.24

重版

【増刷】日中戦争全史 上下巻 第4刷! - 2017.10.04

重版

【増刷】外務省機密文書 日米地位協定の考え方増補版 第6刷! - 2017.10.04

重版

【増刷】東学農民戦と日本 3刷 - 2017.09.08

イベント

刊行記念トークイベント『画家 正子・R・サマーズの生涯』 - 2017.09.05

重版

【増刷】わけあり記者 2刷 - 2017.08.29

重版

【増刷】国のために死ぬのはすばらしい? 2刷 - 2017.07.26

イベント

平和の棚の会フェア企画『【忖度】の研究 同調圧力が支配する国』  - 2017.07.13

重版

【増刷】我が家にミツバチがやってきた 10刷! - 2017.07.11

重版

【増刷】生活指導とは何か 第3刷! - 2017.06.26

NEWS

追悼 大田昌秀氏 - 2017.06.12

NEWS

日本ナショナリズムの歴史 全4巻刊行  - 2017.06.07

重版

【増刷】憲法を変えて「戦争のボタン」を押しますか? 第3刷! - 2017.05.31

重版

【増刷】これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地 第4刷! - 2017.05.22

イベント

これってホント!?誤解だらけの沖縄基地 刊行記念トークイベント ジュンク堂那覇店 - 2017.05.17

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ6】  天皇「退位」問題の本質は何か - 2017.04.20

重版

【増刷】沖縄の自己決定権 4刷! - 2017.04.11

イベント

山城博明写真展のお知らせ  於 不屈館(那覇市) - 2017.04.07

NEWS

《久志式》ニホンミツバチ待ち受け箱(巣箱)販売しています! - 2017.02.23

重版

【増刷】キューバ 第2刷! - 2017.02.23

重版

【増刷】沖縄 抗う高江の森 第2刷! - 2017.02.17

イベント

アジアの本の会フェア 丸善丸の内本店3F - 2017.02.10

重版

【増刷】野球部員、演劇の舞台に立つ! 第2刷! - 2017.02.09

重版

【増刷】沖縄VS安倍政権 第2刷! - 2017.02.01

イベント

「沖縄 抗う高江の森」発売記念トークイベント 満員御礼 - 2017.01.31

NEWS

【書評】『沖縄VS安倍政権』 沖縄タイムス 読書面 で紹介されました! - 2017.01.24

NEWS

【書評】『沖縄VS安倍政権』琉球新報社 読書面 で紹介されました! - 2017.01.23

NEWS

【書評】『沖縄VS安倍政権』東京中日新聞 読書面 で紹介されました! - 2017.01.23

重版

【増刷】新・沖縄修学旅行 第5刷! - 2016.12.13

重版

【増刷】観光コースでないソウル 第2刷! - 2016.12.07

重版

【増刷】修学旅行のための沖縄案内 第8刷! - 2016.11.21

重版

【増刷】 児童養護施設の子どもたち 第3刷! - 2016.10.14

重版

【増刷】 子どもをハッとさせる教師の言葉 第2刷! - 2016.09.16

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ5】 「天皇メッセージ」をどう読むか - 2016.08.15

重版

【増刷】観光コースでない沖縄 第4版 6刷! - 2016.07.14

PR

【書評】毎日新聞 『法廷で裁かれる沖縄戦 訴状編』 - 2016.05.16

PR

『沖縄は「不正義」を問う』が中日新聞・東京新聞で紹介されました - 2016.04.25

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ4】 熊本地震の現実の「恐怖」と北朝鮮の幻の「脅威」 - 2016.04.19

重版

【増刷】 第2版 未来をひらく歴史 9刷! - 2016.04.12

正誤

新版 観光コースでない東京 正誤 - 2016.04.05

重版

【増刷】いじめ・レイシズムを乗り越える「道徳」教育 第3刷! - 2016.04.01

正誤

観光コースでないハワイ 地図正誤 - 2016.03.09

NEWS

ニホンミツバチ巣箱の説明書 出来ました - 2016.03.08

重版

沖縄は『不正義」を問う 第2刷! - 2016.03.04

NEWS

『沖縄は「不正義」を問う』が千葉日報で紹介されました。 - 2016.02.26

NEWS

『沖縄は「不正義」を問う』が東京新聞で紹介されました - 2016.02.26

重版

歴史家 山辺健太郎と現代 第2刷 - 2016.02.12

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ3】 北朝鮮ミサイル発射問題をめぐる常識的な疑問 - 2016.02.09

NEWS

『石になった少女』大城将保著 第36回沖縄タイムス出版文化賞受賞! - 2016.01.06

正誤

『日露戦争と大韓帝国』正誤表 - 2015.09.24

PR

安全保障関連法案の強行採決に強く抗議します! - 2015.09.20

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ2】  読売は民主主義に敵対するのか - 2015.09.01

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ1】 「70年談話」歴史観の根本的欠陥 - 2015.08.31

NEWS

沖縄百話 (50)【検証「沖縄人スパイ説」】=7回連載の第6回 - 2015.05.27