新刊

戦後教育学と教育実践 竹内常一に導かれて

常に日本の教育学、教育運動の第一線にいる竹内常一の仕事は、戦後日本の教育学の歴史そのものだ。

著者 宮原 廣司
ジャンル 教育書 > 教育
出版年月日 2016/06/17
ISBN 9784874985977
判型・ページ数 A5・480ページ
定価 本体4,200円+税
在庫 在庫あり

戦後日本の教育学、とりわけ生活指導・集団づくり研究に力を注いで来た竹内常一。
その著書と雑誌『生活指導』の論文を創刊号から繙き、戦後日本の教育が歩んできた道と教育運動の歴史を記した労作。

 

竹内常一(たけうち つねかず)
一九三五年生まれ。國學院大學名誉教授。全国生活指導研究協議会常任委員。竹内塾主宰。
主著として『生活指導の理論』(明治図書)『教育への構図』『若い教師への手紙』(高文研)『子どもの自分くずしと自分つくり』(東京大学出版会)『竹内常一 教育のしごと 全5巻』(青木書店)『教育を変える』『今なぜ教育基本法か』(桜井書店)、『読むことの教育』(山吹書店)など多数。

はじめに
プロローグ 竹内常一の生い立ち
―研究者として登場するまで

第Ⅰ章 集団主義教育の論客へ
1、大学院生として
2、大西忠治との出会い
3、仲間づくり論から集団づくり論への移行
4、全生研の草創期の研究者たちは
1)宮坂哲文の場合
2)春田正治の場合
3)川合章の場合
5、集団主義教育を擁護する
1)集団主義教育の台頭のなかで
2)竹内常一「学級集団づくりの系統的計画化のために」
3)集団主義教育の探究
4)竹内常一「学校教育における生徒集団づくりの位置
   生活指導の学校論的把握の発展のために」
6、全生研運動を広げる
1)第3回全国大会を準備するなかで
2)集団主義教育の地すべり的な広がり
3)第4回全国大会へ向けて
4)『学級集団づくり入門』の発刊をめぐって


第Ⅱ章 全生研運動の前進とともに
1、「班・核・討議づくり」路線への批判
1)小川・竹内論争
2)解放教育の側に立っての批判
2、批判を受けて
1)組織として対応する
2)大西忠治『核のいる学級』『班のある学級』の出版
3)宮坂哲文の死
3、新しい課題追求へ向かって
1)今後の研究視点の確立
2)第8回全国大会基調提案「集団の人格形成作用を究明しよう」
3)集団のちからと討議づくり
4)第10回全国大会基調提案「教師の指導性と集団のちからを明確にする」
5)総会問題を解明する
4、『生活指導の理論』の出版

第一部 学習法的生活指導の理論―宮坂哲文の生活指導理論―
第二部 生活綴方と生活訓練
第三部 生活指導の理論的諸問題


第Ⅲ章 運動の発展をつくる
1、『学級集団づくり入門 第二版』の刊行
2、組織活動の前進
3、『学級集団づくり入門 第二版』刊行の時期の研究・実践動向
1)第12回全国大会基調提案
4、取り組み領域の拡大
1)教師集団づくり
2)文化活動と行事
3)全校集団づくり
4)地域子ども組織と「ひまわり学校」


第Ⅳ章 発達問題、非行・問題行動にきりこむ
1、子どもの変化
1)のってこない子どもたち
2)〝できない子〟〝遊び型非行の子〟
2、子どもの発達疎外をもたらしたものの探究
1)第17回全国大会基調提案「子どもの発達を保障する民主的学校の創造」
2)第17回全国大会基調を受けて
3、さらに新しい事態の中で
4、「ゆとりの時間」と生活指導
1)竹内常一「生活指導の全体計画をどう考えるか
   ―教科外教育の編成原理―」
2)竹内常一「〝ゆとり〟の問題―学校の文化性を問う(上)」
3)「ゆとり」の時間の問題その後
5、非行・問題行動への取り組み
1)噴き出てきた校内暴力
2)竹内常一「いま非行・問題行動に取り組む意義(上)
   ―自他の生命に攻撃的である傾向について―」
3)竹内常一「いま非行・問題行動に取り組む意義(下)
   ―自他の生命に攻撃的である傾向について―」
4) 第23回全国大会基調提案「今こそ、学校と地域を通して社会的正義を追求する子どもを育てよう」
5)竹内常一「非行・校内暴力克服の視点とすじみち」


第Ⅴ章 子どもの人格的自立を求めて
1、子どもの成長・発達の基盤を問い直す
1)竹内常一「成育史の中で子どもをとらえる」
2、人格的自立の探究――いじめ・登校拒否をめぐって
1)いじめ問題
2)登校拒否問題
3、『子どもの自分くずしと自分つくり』の刊行
第Ⅰ章 いじめと友情
第Ⅱ章 いじめと迫害
第Ⅲ章 登校と不登校をくり返す子ども
第Ⅳ章 強迫的登校と登校拒否
第Ⅴ章 非行・不登校と思春期統合
終 章 現代社会における思春期統合

4、家庭と地域の再建の可能性
1)竹内常一「現代家族の現実と課題―家庭崩壊と教育の再建―」
2)第27回全国大会基調提案「生活と公教育の危機に対して、地域と学校をつらぬく生活指導の原則を明らかにしよう」
3)竹内常一「地域生活指導運動とはなにか」


第Ⅵ章 集団づくりの新しい展開・世界に開かれた学校へ
1、『学級集団づくり 第二版』の改訂に向けて
1)現代の社会状況のなかでの集団づくり実践の再考
2)『学級集団づくり入門 第二版』改定の流れ
2、『新版学級集団づくり入門』の刊行へ
1)『新版学級集団づくり入門』の内容の特色
3、「子どもの権利条約」と湾岸戦争が提起したもの
1)『新版』と「子どもの権利条約」
2)湾岸戦争と日本の教育の課題
3)グローバル・エデュケーションへの試み
4、「新学力観」と対峙する
1)竹内常一「『落ちこぼれ』問題をどうとらえ直すか」
2)竹内常一「新しい学習観の創造」
3)竹内常一「参加・学習・自治―『新しい学力観』と子どもの権利条約―」
5、学校論三部作と『教育のしごと』の刊行
1)学校論三部作
2)『竹内常一 教育のしごと』


第Ⅶ章 新たな荒れ―発達異変のなかの子どもたち
1、再びいじめ・迫害による自殺の多発
1)照本祥敬「『水平暴力』のもとでの『パワーゲーム』の対象化を」
2、『子どもの自分くずし、その後
   ――〝深層の物語〟を読みひらく』の出版
プロローグ 「遍歴から再生へ」
Ⅰ章 生まれること、死ぬこと
Ⅱ章 "深層の物語"を読みひらく
Ⅲ章 "からだとこころ"の異変
Ⅳ章 不登校・いじめを超えて
3、「新たな荒れ」「学級崩壊」
1)ムカつき、キレる子と「新たな荒れ」
2)「学級崩壊」をどう超えていくか


第Ⅷ章 21世紀の生活指導を求めて
1、21世紀へ向けての「教育改革」を読み解く
1)竹内常一「教育改革の深層―教育改革のトポス」
2)竹内常一「教育改革の意図を読み解く」
2、「90年代を振り返り、21世紀の生活指導を探る」の連載
1)連載第1回「意味ある経験を生み出す活動を」
   ──中野譲「たまごから見える世界」
2)連載第2回「あらためて子どものグループづくりを考える」
   ──新居琴「『何でもあり』から『ぼくらの学校』へ」
3)連載第4回「学校の中にいま一つの学校をつくる」
   ──柏木修の94年、97年、98年、99年、2000年の
     『生活指導』所収の一連の実践報告
4)連載第5回「子どもの世界を生きる─障害児学級の中の教師と子ども─」
   ──篠崎純子「『合点、ゆっきはあっしが捜すでござる』
     ……人と人との話・輪・和づくり」
5)連載第7回「友だちのいるクラス─『いじめの文化』から
   『ケアと応答の文化』へ─」
   ──田所恵美子「『やっぱり子どもがかわいい』が原点」
6)連載第10回「『奉仕活動』から『ボランティア活動』へ」
   ──豊田健三郎「ボランティアの向こうに見えるもの」
3、21世紀初頭の生活指導の課題 1
1)第56回全国大会新潟大会基調報告「『ケアと自治』を基本とする生活指導と集団づくり」


おわりに


SHOPPING ご注文

4,200円+税

カートに入れる

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高文研ツイッター

  • 日本ミツバチ巣箱

  • 山田泉公式ブログ/どげしよっかえ? 豊後の山ちゃんワイワイ日記

  • 紀伊國屋書店BookWebPro

  • 平和の棚の会

  • アジアの本の会

  • おきなわ百話

お知らせ

もっと見る

NEWS

《久志式》ニホンミツバチ待ち受け箱(巣箱)販売しています! - 2017.02.23

イベント

島洋子さん講演 3月8日(水) in 札幌 国際女性デー全道集会 - 2017.02.23

重版

【増刷】キューバ 第2刷! - 2017.02.23

イベント

山城博明写真展のお知らせ 文京区・東松山市 - 2017.02.20

重版

【増刷】沖縄 抗う高江の森 第2刷! - 2017.02.17

イベント

アジアの本の会フェア 啓文堂書店府中店 - 2017.02.17

イベント

アジアの本の会フェア 丸善丸の内本店3F - 2017.02.10

重版

【増刷】野球部員、演劇の舞台に立つ! 第2刷! - 2017.02.09

イベント

『沖縄 抗う高江の森』写真パネル展 @ジュンク堂書店福岡店 - 2017.02.06

重版

【増刷】沖縄VS安倍政権 第2刷! - 2017.02.01

イベント

山城博明写真展のお知らせ  於 不屈館(那覇市) - 2017.01.31

イベント

「沖縄 抗う高江の森」発売記念トークイベント 満員御礼 - 2017.01.31

NEWS

【書評】『沖縄VS安倍政権』 沖縄タイムス 読書面 で紹介されました! - 2017.01.24

NEWS

【書評】『沖縄VS安倍政権』琉球新報社 読書面 で紹介されました! - 2017.01.23

NEWS

【書評】『沖縄VS安倍政権』東京中日新聞 読書面 で紹介されました! - 2017.01.23

重版

【増刷】新・沖縄修学旅行 第5刷! - 2016.12.13

重版

【増刷】観光コースでないソウル 第2刷! - 2016.12.07

重版

【増刷】修学旅行のための沖縄案内 第8刷! - 2016.11.21

重版

【増刷】 児童養護施設の子どもたち 第3刷! - 2016.10.14

重版

【増刷】 子どもをハッとさせる教師の言葉 第2刷! - 2016.09.16

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ5】 「天皇メッセージ」をどう読むか - 2016.08.15

重版

【増刷】観光コースでない沖縄 第4版 6刷! - 2016.07.14

重版

【増刷】沖縄の自己決定権 3刷! - 2016.05.31

PR

【書評】毎日新聞 『法廷で裁かれる沖縄戦 訴状編』 - 2016.05.16

PR

『沖縄は「不正義」を問う』が中日新聞・東京新聞で紹介されました - 2016.04.25

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ4】 熊本地震の現実の「恐怖」と北朝鮮の幻の「脅威」 - 2016.04.19

重版

【増刷】 第2版 未来をひらく歴史 9刷! - 2016.04.12

正誤

新版 観光コースでない東京 正誤 - 2016.04.05

重版

【増刷】生活指導とは何か 第2刷! - 2016.04.01

重版

【増刷】いじめ・レイシズムを乗り越える「道徳」教育 第3刷! - 2016.04.01

正誤

観光コースでないハワイ 地図正誤 - 2016.03.09

NEWS

ニホンミツバチ巣箱の説明書 出来ました - 2016.03.08

重版

沖縄は『不正義」を問う 第2刷! - 2016.03.04

NEWS

『沖縄は「不正義」を問う』が千葉日報で紹介されました。 - 2016.02.26

NEWS

『沖縄は「不正義」を問う』が東京新聞で紹介されました - 2016.02.26

重版

歴史家 山辺健太郎と現代 第2刷 - 2016.02.12

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ3】 北朝鮮ミサイル発射問題をめぐる常識的な疑問 - 2016.02.09

NEWS

『石になった少女』大城将保著 第36回沖縄タイムス出版文化賞受賞! - 2016.01.06

正誤

『日露戦争と大韓帝国』正誤表 - 2015.09.24

PR

安全保障関連法案の強行採決に強く抗議します! - 2015.09.20

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ2】  読売は民主主義に敵対するのか - 2015.09.01

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ1】 「70年談話」歴史観の根本的欠陥 - 2015.08.31

NEWS

沖縄百話 (50)【検証「沖縄人スパイ説」】=7回連載の第6回 - 2015.05.27