新刊

踏切事故はなぜなくならないか

鉄道網は現代社会に欠かせない交通手段。その裏で過酷な踏切事故の半数は、高齢者が占めている。

著者 安部 誠治 編著
ジャンル 社会 > 社会
出版年月日 2015/06/30
ISBN 9784874985717
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり

鉄道網が整備され、朝夕の過密ダイヤによる“開かずの踏切”問題は高架化により随分解消されています。一方で、高齢者とりわけ認知症患者の踏切事故が増えています。二年前に「目を離した責任がある」として、遺族に対し720万円のJR側へ賠償を命じた判決が大きな波紋を呼びました。


踏切事故に対して、鉄道会社から損害賠償を請求され、裁判に至っている事例も取り上げ、いまの社会が交通弱者の人たちに果たして寄り添うものになっているか検証し、踏切や鉄道のあるべき姿を考える。

本書は、研究者、新聞記者、現場の運転士がそれぞれの視点で執筆しております。

 

 

【編集者より】

高齢者の踏切事故が増えています。高齢化社会を迎えた今、踏切事故減らすためにどうしたらよいか、社会全体で考える必要があるように思います。鉄道の高架化も進んでいますが、鉄道網が発達した日本全土で、すべての踏切を廃止することは困難です。この本では、研究者、新聞記者、現場の運転士がそれぞれの視点で執筆しました。運転士の方たちに話を聞くと、人や自動車と接触する場所である踏切には、注意を払っていると答えた方も多くいました。警報機も遮断機も、改良を重ねており、事故も50年前と比べればずいぶん減ってきていることがわかりました。認知症の人の事故に対して、鉄道会社から遺族へ損害賠償を請求され、裁判に至っている事例も取り上げています。交通弱者の人たちに寄り添うものになっているか…今後も対策を立て改善していく必要があると思います。

(小林)

 

 

 

はじめに
第Ⅰ章 踏切事故とその防止対策  安部誠治
1 踏切事故の現状
2 踏切事故をなくすには

第Ⅱ章 踏切はどのように発展してきたか  吉田 裕
1 踏切の歴史
2 標識の歴史
3 踏切遮断機の発展
4 踏切警報機の発展
5 ドライバーや歩行者を配慮した踏切保安装置類の開発

第Ⅲ章 踏切事故と安全対策の歴史  吉田 裕
1 踏切事故の発生状況
2 過去に発生した主な踏切重大事故
3 近年の踏切事故
4 踏切の安全対策

第Ⅳ章 介護ができない――JR東海認知症事故  銭場裕司
介護現場に激震
お金も切符もないのに……
「何ら連絡をいただけず」
長男の妻も支援
別居でも監督責任
閉じ込めは本人を不穏に
賠償請求しない鉄道事業者も
想定外の踏切事故
厚労省元局長も意見
配偶者の責任重く
割れる法律家の評価
時代遅れの判決

第Ⅶ章 韓国の踏切事故   李 容相・鄭 炳?
1 韓国における鉄道の現況
2 韓国の鉄道事故
3 踏切事故と安全対策

第Ⅵ章 運転士にとって踏切とは   乾 和代
1 運転士の仕事
2 安全な運転
3 踏切と運転士
4 踏切事故を減少させるために

第Ⅶ章 『踏切を考える―― 現役運転士座談会』

あとがき



安部 誠治(あべ せいじ)
1952年生まれ。大阪市立大学助教授、関西大学商学部教授などを経て現在、関西大学社会安全学部教授。東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会技術顧問、公益事業学会長、消費者安全調査委員会臨時委員などを歴任し、現在、事業用自動車事故調査委員会委員、鉄道安全推進会議副会長。専門:公益事業論、事故防止論。

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

1,700円+税

カートに入れる

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高文研ツイッター

  • 日本ミツバチ巣箱

  • 山田泉公式ブログ/どげしよっかえ? 豊後の山ちゃんワイワイ日記

  • 紀伊國屋書店BookWebPro

  • 平和の棚の会

  • アジアの本の会

  • おきなわ百話

お知らせ

もっと見る

イベント

山城博明写真展 9/30・10/1 成増アートギャラリーC - 2017.09.21

重版

【増刷】東学農民戦と日本 3刷 - 2017.09.08

イベント

刊行記念トークイベント『画家 正子・R・サマーズの生涯』 - 2017.09.05

重版

【増刷】わけあり記者 2刷 - 2017.08.29

重版

【増刷】国のために死ぬのはすばらしい? 2刷 - 2017.07.26

イベント

平和の棚の会フェア企画『【忖度】の研究 同調圧力が支配する国』  - 2017.07.13

重版

【増刷】我が家にミツバチがやってきた 10刷! - 2017.07.11

重版

【増刷】生活指導とは何か 第3刷! - 2017.06.26

NEWS

追悼 大田昌秀氏 - 2017.06.12

NEWS

日本ナショナリズムの歴史 全4巻刊行 《特価予約受付》 - 2017.06.07

重版

【増刷】憲法を変えて「戦争のボタン」を押しますか? 第3刷! - 2017.05.31

重版

【増刷】これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地 第4刷! - 2017.05.22

イベント

これってホント!?誤解だらけの沖縄基地 刊行記念トークイベント ジュンク堂那覇店 - 2017.05.17

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ6】  天皇「退位」問題の本質は何か - 2017.04.20

重版

【増刷】沖縄の自己決定権 4刷! - 2017.04.11

重版

【増刷】外務省機密文書 日米地位協定の考え方増補版 第5刷! - 2017.04.10

イベント

山城博明写真展のお知らせ  於 不屈館(那覇市) - 2017.04.07

NEWS

《久志式》ニホンミツバチ待ち受け箱(巣箱)販売しています! - 2017.02.23

重版

【増刷】キューバ 第2刷! - 2017.02.23

重版

【増刷】沖縄 抗う高江の森 第2刷! - 2017.02.17

イベント

アジアの本の会フェア 丸善丸の内本店3F - 2017.02.10

重版

【増刷】野球部員、演劇の舞台に立つ! 第2刷! - 2017.02.09

重版

【増刷】沖縄VS安倍政権 第2刷! - 2017.02.01

イベント

「沖縄 抗う高江の森」発売記念トークイベント 満員御礼 - 2017.01.31

NEWS

【書評】『沖縄VS安倍政権』 沖縄タイムス 読書面 で紹介されました! - 2017.01.24

NEWS

【書評】『沖縄VS安倍政権』琉球新報社 読書面 で紹介されました! - 2017.01.23

NEWS

【書評】『沖縄VS安倍政権』東京中日新聞 読書面 で紹介されました! - 2017.01.23

重版

【増刷】新・沖縄修学旅行 第5刷! - 2016.12.13

重版

【増刷】観光コースでないソウル 第2刷! - 2016.12.07

重版

【増刷】修学旅行のための沖縄案内 第8刷! - 2016.11.21

重版

【増刷】 児童養護施設の子どもたち 第3刷! - 2016.10.14

重版

【増刷】 子どもをハッとさせる教師の言葉 第2刷! - 2016.09.16

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ5】 「天皇メッセージ」をどう読むか - 2016.08.15

重版

【増刷】観光コースでない沖縄 第4版 6刷! - 2016.07.14

PR

【書評】毎日新聞 『法廷で裁かれる沖縄戦 訴状編』 - 2016.05.16

PR

『沖縄は「不正義」を問う』が中日新聞・東京新聞で紹介されました - 2016.04.25

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ4】 熊本地震の現実の「恐怖」と北朝鮮の幻の「脅威」 - 2016.04.19

重版

【増刷】 第2版 未来をひらく歴史 9刷! - 2016.04.12

正誤

新版 観光コースでない東京 正誤 - 2016.04.05

重版

【増刷】いじめ・レイシズムを乗り越える「道徳」教育 第3刷! - 2016.04.01

正誤

観光コースでないハワイ 地図正誤 - 2016.03.09

NEWS

ニホンミツバチ巣箱の説明書 出来ました - 2016.03.08

重版

沖縄は『不正義」を問う 第2刷! - 2016.03.04

NEWS

『沖縄は「不正義」を問う』が千葉日報で紹介されました。 - 2016.02.26

NEWS

『沖縄は「不正義」を問う』が東京新聞で紹介されました - 2016.02.26

重版

歴史家 山辺健太郎と現代 第2刷 - 2016.02.12

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ3】 北朝鮮ミサイル発射問題をめぐる常識的な疑問 - 2016.02.09

NEWS

『石になった少女』大城将保著 第36回沖縄タイムス出版文化賞受賞! - 2016.01.06

正誤

『日露戦争と大韓帝国』正誤表 - 2015.09.24

PR

安全保障関連法案の強行採決に強く抗議します! - 2015.09.20

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ2】  読売は民主主義に敵対するのか - 2015.09.01

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ1】 「70年談話」歴史観の根本的欠陥 - 2015.08.31

NEWS

沖縄百話 (50)【検証「沖縄人スパイ説」】=7回連載の第6回 - 2015.05.27