日露戦争と大韓帝国

日露開戦の「定説」をくつがえす

著者 金 文子
ジャンル 人文・歴史書 > 歴史
出版年月日 2014/09/30
ISBN 9784874985540
判型・ページ数 4-6・480ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり

日露戦争は「祖国防衛戦争だった」と認識している日本人は多い。しかし、日露開戦に向けた戦争準備、開戦当初の軍事行動から、日露戦争が日本の韓国侵略の野心によって、日本によって引き起こされた侵略戦争であったことが見えてくる。

 

日露戦争は「祖国防衛戦争だった」と認識している日本人は多い。
しかし、日露開戦に向けた戦争準備、開戦当初の軍事行動から、日露戦争が日本の韓国侵略の野心によって、日本によって引き起こされた侵略戦争であったことが見えてくる。

その開戦前後の作戦の中心になったのが、日本海軍の通信戦略であった。

まず、日本海軍が、日露開戦の一ヶ月も前から、本拠地である佐世保から韓国南岸に極秘裏に海底電線を敷設していたこと(第Ⅵ章)、日本の最初の武力行使は、連合艦隊の佐世保出港に先駆けて、第三艦隊によって実行された韓国の鎮海湾と電信局の占領であったこと(第Ⅶ章)、「日本海海戦」は、無線と有線を組み合わせて朝鮮海峡の戦略的封鎖網を構築した日本海軍のハイテク勝利だったこと(第Ⅷ章)等は、従来の日露戦争研究史に欠落していた部分である。

そしてこれらの日本の軍事行動は、日露両国に対し韓国の戦時中立の保障をもとめ、また世界に向かって日露の紛争に際し「局外中立」を守ることを宣言し、諸外国から承認を得ていた大韓帝国に対する明白な侵略行為であった(第Ⅰ章)。

日本の軍事力に対抗する軍事力を持てなかった大韓帝国が、国際法に則り日本の不法行為を国際社会に訴え続けていた事実を明らかにした(終章)。

本論に入る前に、序章において日本と韓国の国際通信の歴史を振り返った。これはそのまま日露開戦の前史となるものである。

 

 

 

【編集者より】

日露戦争の本は何百冊とあります。現在出回っているものだけでも数十冊はあるでしょう。
それらと、本書が決定的に異なるのは、本書が、近年公開された『極秘明治三十七八年海戦史』ほか新史料を綿密に読み込んで書かれたことです。
それにより本書は、日露開戦をめぐる通説に対し、次から次へと修正を迫る結果となりました。副題を「従来の『定説』をくつがえす」とした理由です。

その最大のポイントは、日露開戦の見方です。従来の通説が、日露交渉のもつれから、あるいはロシアの圧力に対して止むを得ず、といった受身的ないしは防衛的なとらえ方だったのに対し、山本権兵衛海軍大臣の主導によって日本側から仕掛けた戦争だったことを、史料の裏付けによって明らかにしたことです。

何よりも驚くのは、日本海軍が当時のハイテクだった電信を、作戦準備・実行の生命線ととらえ、鬱陵島から朝鮮半島南部、そして長崎へと電信線を敷設させて通信網を整備していたことです。

その上で、ロシアの旅順艦隊を壊滅させたあと、やってくるバルチック艦隊との主戦場については初めから朝鮮海峡に設定し、そのあとウラジオへと向かうに違いない残存艦隊を迎え撃つ第二戦場を、欝陵島とリヤンコ島周辺に設定、そのため日本海海戦の4カ月前、1905年1月、この作戦をより完全なものにする目的で、リヤンコ島を日本領に組み込むことを閣議決定し、名前を「竹島」としたのです。

以上のような史実から見ると、バルチック艦隊の航路をめぐっての論争などは誇張された話であり、T字型戦法をめぐっての議論なども、本質を見失った不毛な議論と言わなければなりません。

本書にはこうした「定説」修正のほか、これまでの日露戦史には欠落していた韓国(大韓帝国)からの視点が組み込まれています。これにより、日露戦争での日本軍の最初の武力行使が韓国に対してだったことが明らかとなります。

前作『朝鮮王妃殺害と日本人』(2009年)の著者による第二作『日露戦争と大韓帝国』は、日露開戦の定説をくつがえすものであり、とくに「司馬史観」に傾倒する人々にとっては衝撃的な問題作であることに間違いありません。

(真鍋かおる)
 

 

序章 日露開戦前史

Ⅰ 大韓帝国の中立宣言と日韓議定書
   ──中立宣言を蹂躙した日本の外交と軍事

Ⅱ 日本が仕掛けた日露開戦
   ──ロシアの回答書を抑留する

Ⅲ すり替えられた日露開戦の第一砲火
   ──海軍大臣・山本権兵衛の電報改竄とその行方

Ⅳ 旅順艦隊「行方不明」電報の正体
   ──海軍大臣・山本権兵衛の開戦誘導策

Ⅴ 陸海軍の対立と合意
   ──ソウル占領陸軍部隊の極秘輸送作戦

Ⅵ 日本海軍の通信戦略
   ──韓国沿岸ニ於テハ国際法規ヲ重視スルヲ要セズ(山本権兵衛)

Ⅶ 秘匿された韓国侵略戦争
   ──日露戦争は鎮海湾の占領から始まった

Ⅷ 「日本海海戦」とリヤンコ島(現・竹島=独島)
   ──朝鮮海峡の戦略封鎖とX点

終章 万国平和会議への道
   ──大韓帝国の皇帝と外交官たち





金文子(キンムンジャ)
1951年兵庫県に生まれる。奈良女子大学文学部卒業。79年4月から86年3月まで同大学文学部助手。98年4月から現在に至るまで、同大学学生相談室勤務。
論文等:「朴珪寿の実学」(『朝鮮史研究会論文集』17号、1980年3月)「李朝後期科挙制度について」(『研究年報』24号、奈良女子大学文学部、1981年3月)「三・一運動と金允植」(『寧楽史苑』29号、奈良女子大学史学会、1984年3月)「明成皇后殺害について」(『歴史地理教育』776号、歴史教育者協議会、2011年7月)
著書:『朝鮮王妃殺害と日本人』(高文研、2009年2月)

SHOPPING ご注文

4,800円+税

カートに入れる

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高文研ツイッター

  • 日本ミツバチ巣箱

  • 山田泉公式ブログ/どげしよっかえ? 豊後の山ちゃんワイワイ日記

  • 紀伊國屋書店BookWebPro

  • 平和の棚の会

  • アジアの本の会

  • おきなわ百話

お知らせ

もっと見る

イベント

11月15日(木)トークイベント 『沖縄県知事選を取材して』 - 2018.11.01

イベント

平和の棚の会企画『問い直そう「生産性」、活かせ「多様性」』 - 2018.10.26

重版

増刷 魂の政治家 翁長雄志発言録 第2刷! - 2018.10.24

重版

【増刷】 観光コースでない広島 第3刷! - 2018.10.16

重版

【増刷】 怠ける権利! 第2刷! - 2018.09.28

重版

【増刷】中学生を担任するということ 第3刷! - 2018.09.26

重版

【増刷】いじめ・レイシズムを乗り越える「道徳」教育 第4刷! - 2018.09.20

重版

【増刷】 日本ナショナリズムの歴史 Ⅰ 2刷! - 2018.09.12

重版

【増刷】 決定版写真記録 沖縄戦 4刷! - 2018.09.12

NEWS

翁長知事の「遺言」 梅田正己(高文研前代表) - 2018.08.10

重版

【増刷】日中戦争全史 上巻 第6刷! - 2018.08.09

重版

【増刷】日中戦争全史 下巻 第6刷! - 2018.08.09

NEWS

JCJ賞受賞 梅田正己著『日本ナショナリズムの歴史 全4巻』 - 2018.07.18

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ9】災害列島の安全保障 - 2018.07.17

NEWS

社員募集のお知らせ - 2018.06.29

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ8】歴史的会談の歴史的意味 - 2018.06.14

重版

【増刷】これだけは知っておきたい日本と韓国・朝鮮の歴史 11刷! - 2018.06.13

重版

【増刷】わけあり記者 5刷! - 2018.05.16

NEWS

追悼と謝辞:新崎盛暉さんを偲んで - 2018.04.05

重版

【増刷】憲法を変えて「戦争のボタン」を押しますか? 第4刷! - 2018.04.04

NEWS

追悼 新崎盛暉氏 - 2018.04.02

重版

【増刷】「指導死」 3刷! - 2018.03.09

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ7】安保関連法(戦争法)あってこその「自衛隊明記」 - 2018.03.01

重版

【増刷】ドイツは過去とどう向き合ってきたか 5刷! - 2018.03.01

重版

【増刷】「慰安婦問題」を子どもにどう教えるか 2刷! - 2018.02.28

重版

【増刷】どうなってるんだろう? 子どもの法律 3刷! - 2018.01.09

重版

【増刷】新・沖縄修学旅行 第6刷! - 2017.12.20

NEWS

平和・協同ジャーナリスト基金賞 審査員賞受賞! - 2017.12.02

重版

【増刷】祖父・父・夫がギャンブル依存症! 三代目ギャン妻の物語 第2刷! - 2017.11.28

NEWS

伊波義安氏「第29回多田謡子 反権力人権賞」 - 2017.11.17

正誤

正誤表 『日中戦争全史 上下巻』  - 2017.11.14

重版

【増刷】“遊び心”で明るい学級学級担任10のわざ 第3刷! - 2017.10.24

重版

【増刷】外務省機密文書 日米地位協定の考え方増補版 第6刷! - 2017.10.04

重版

【増刷】東学農民戦と日本 3刷 - 2017.09.08

重版

【増刷】国のために死ぬのはすばらしい? 2刷 - 2017.07.26

重版

【増刷】我が家にミツバチがやってきた 10刷! - 2017.07.11

重版

【増刷】生活指導とは何か 第3刷! - 2017.06.26

NEWS

追悼 大田昌秀氏 - 2017.06.12

NEWS

日本ナショナリズムの歴史 全4巻刊行  - 2017.06.07

重版

【増刷】これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地 第4刷! - 2017.05.22

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ6】  天皇「退位」問題の本質は何か - 2017.04.20

重版

【増刷】沖縄の自己決定権 4刷! - 2017.04.11

NEWS

《久志式》ニホンミツバチ待ち受け箱(巣箱)販売しています! - 2017.02.23

重版

【増刷】キューバ 第2刷! - 2017.02.23

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ5】 「天皇メッセージ」をどう読むか - 2016.08.15

PR

【書評】毎日新聞 『法廷で裁かれる沖縄戦 訴状編』 - 2016.05.16

PR

『沖縄は「不正義」を問う』が中日新聞・東京新聞で紹介されました - 2016.04.25

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ4】 熊本地震の現実の「恐怖」と北朝鮮の幻の「脅威」 - 2016.04.19

正誤

新版 観光コースでない東京 正誤 - 2016.04.05

正誤

観光コースでないハワイ 地図正誤 - 2016.03.09

NEWS

ニホンミツバチ巣箱の説明書 出来ました - 2016.03.08

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ3】 北朝鮮ミサイル発射問題をめぐる常識的な疑問 - 2016.02.09

NEWS

『石になった少女』大城将保著 第36回沖縄タイムス出版文化賞受賞! - 2016.01.06

正誤

『日露戦争と大韓帝国』正誤表 - 2015.09.24

PR

安全保障関連法案の強行採決に強く抗議します! - 2015.09.20

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ2】  読売は民主主義に敵対するのか - 2015.09.01

NEWS

梅田正己のコラム【パンセ1】 「70年談話」歴史観の根本的欠陥 - 2015.08.31

NEWS

沖縄百話 (50)【検証「沖縄人スパイ説」】=7回連載の第6回 - 2015.05.27