『石になった少女』大城将保著 第36回沖縄タイムス出版文化賞受賞!

第36回沖縄タイムス出版文化賞受賞しました!

(児童部門)

 

 

 

 

石になった少女

沖縄・戦場(いくさば)の子どもたちの物語

 

大城将保 文

磯崎主佳 画

 

授賞式:2016年1月19日(火)

 

 

大城将保

1939年、沖縄県玉城村(現南城市)に生まれる。沖縄県庁で沖縄県史の編纂にたずさわった後、県立博物館長などをつとめる。沖縄戦研究者として、著書に『沖縄戦』『沖縄戦の真実と歪曲』共著書『沖縄戦・ある母の記録』(共に高文研)など、また作家・嶋津与志の筆名で『かんからさんしん物語』(理論社)など、さらに戯曲「肝高の阿麻和利」「コザ物語」、映画「GAMA―月桃の花」のシナリオ作品などがある。現在、沖縄県芸術文化振興協会理事長、新沖縄県史編集委員。

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高文研ツイッター

  • 日本ミツバチ巣箱

  • 山田泉公式ブログ/どげしよっかえ? 豊後の山ちゃんワイワイ日記

  • 紀伊國屋書店BookWebPro

  • 平和の棚の会

  • アジアの本の会

  • おきなわ百話